青木理のジャム・ザ・ワールド 9月2日放送の感想

青木節炸裂でとても面白かったです。

 

リスナーから、小池都知事の築地市場移転延期を

どう評価するかというテーマで、メッセージを

募ったののですが、番組の締めで、青木氏が

「今日の番組自体が『小池劇場』に加担してしまった」

という趣旨の自虐的なコメントを述べて、とてもおかしかったです。

 

この人の、こういうすねた感じのユーモアが、とても好きです。

 

「ブレイクスルー」というコーナーでは、

都知事候補になり損ねた、宇都宮健児氏を迎えていました。

同氏は、都政をよりよくする活動を展開し続けているそうです。

宇都宮氏は、今回の都知事の延期を一定程度、評価していました。

虚をつかれた格好になった青木氏が、懸命に小池氏批判を

展開する姿に、青木氏のジャーナリスト魂を感じました。

 

これからも、金曜のジャム・ザ・ワールドを応援したいと思います。

 

自己紹介 ↓

virtualinsanity.hatenablog.com