読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

菊間千乃のジャム・ザ・ワールド 9月6日放送の感想

毎週、火曜のジャム・ザ・ワールドは、

ジャーナリストの堀潤さんが担当です。

しかし6日は、堀さんが、リオにパラリンピック

取材に行っているということでお休みでした。

その代打を弁護士の菊間千乃(きくまゆきの)さんが務められました。

 

菊間さんといえば、言うまでもなく、元フジテレビのアナウンサーです。

この春に、ジャム・ザ・ワールドにゲストとして出演されていた時は、

フジサンケイグループの顧問弁護士になっているとおっしゃっていました。

 

はたして、この、事あるごとに原発の問題点をつつくという番組の

ナビゲーターを、菊間さんは、フジサンケイグループの利害関係者で

ありながら、どうやってこなすのだろうと、

ひやひやしながら放送開始を待ちました。

 

聞き終えました。

 

無難な内容でした。

 

ナビゲーターは、いつも、本日のトップニュース2本に

結構長めの突っ込んだコメントをつけます。

この日のトップ2本は、司法試験の合格発表と、

とある地方自治体の花火大会をめぐる、いざこざでした。

保守でもリベラルでも無党派の人でも、だいたい同じようなことを

コメントできるニュースが選ばれていました。

 

いちばん時間のかかる「ブレイクスルー」のテーマはFinTechという、

金融に関するお話しでした。

トップニュース同様、政治色のほとんどないテーマで、

菊間さんはのびのび進行されていたように感じました。

ただ、初めはFinTechとは何ぞやに迫るはずだったのが、

FinTechを利用したサービスの内容を知っていることが前提で

話が進んで行って、終わってしまったので、当初の目標は

達成できなかったかなと思いました。

 

まあ、代打ナビなので、許しましょう。

ブレイクスルーの進行はかなり難しそうです。

 

番組の締めで「来週は堀潤さんが帰ってきまーす」と

かわいい声を出しておられましたが、ウィキペディア

調べたら、私よりも年上でした。

私よりも年上でも、こんなかわいい声、出るんですね。

 

書いている人 ↓

virtualinsanity.hatenablog.com