読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

「障害者・障がい者・障碍者」 表記をめぐる問題

障害者のことを「障がい者」「障碍者」と書く場合を

散見します。

 

「障害者」でいいと思います

 

障がい者」の「がい」って何なのでしょうか。

「害」という文字がネガティブな意味を持っているので、

平仮名にしているのでしょう。

はっきり言って、そんなことをしても「障害者」の抱える

「障害」は、何の解決もしません。

スロープをひとつ造ったほうがいいです。

むしろ、「障害者」が向き合っている「障害」を「障がい」という

ヘンテコな文字列に置き換えることにより、

問題から逃げているような印象を抱いています

 

障碍者」という記法も同じように感じます。

 

障害者という人たちは、「障害」と真正面から取り組んでいるのであり、

その事実を、文字を変えることで緩和しようというのは、

上辺だけ取り繕うかのような印象を受けます。

 

障害者本人は障「害」に日々向き合っています。

障「害」に、向き合い続ける「障害者」を

みんなで応援しようではありませんか!!

 

書いている人 ↓

virtualinsanity.hatenablog.com