青木理のジャム・ザ・ワールド 9月23日放送の感想

青木さん、お帰りなさいませ。

 

今回の青木さんも、ばっさりやってくれました。

 

冒頭のToday's Headlineでは、蓮舫議員の二重国籍問題について、

外国の多重国籍の政治家を例に挙げ、

どうして問題になるのか、まったくわからないと断言しておられました。

なお、青木さんは蓮舫議員と民進党は支持していないとのことです

(誰を支持しているのでしょうか?)。

 

「ブレイクスルー」のコーナーでは、日本の刑務所の抱える問題について、

いろいろ問題点を挙げていました。

受刑者の高齢化や、入所出所を繰り返す知的障害者累犯障害者)の多さが

問題になっているということです。

なるほどと思いました。

 

受刑者が、刑期を終えた後のことにも触れていました。

要は、受刑者を罰して、二度と犯罪を犯させないためには、

受刑者が刑務所で、どのように過ごすのがよいのかということを、

もっと考える必要があるということを言っていました。

また、受刑者が罰を受け、出所した後に働くとすると、

中小企業で、かつ肉体労働の職を選ぶのが主になるということを指摘していました。

いろいろなタイプの仕事を元受刑者に与えることができる可能性がある、

大企業が、もっと協力すべきということを暗に言いたかったようです。

 

今回は、「こんなところ」でした。

 

最後に、

この番組のオープニング・テーマ曲、かっこいいですね

ひそかに私のツボにはまっています。

誰の作品なのか、とても気になります。

 

ジャム・ザ・ワールド ↓

virtualinsanity.hatenablog.com