Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。

3列シートの真ん中の席

かなり昔の話ですが、

新幹線の3列シートの真ん中に座ったことがあります。

両端を平均的なサイズの男性に埋められました。

私も男性なのですが、結構、疲れました。

 

そして、もう真ん中は二度とご免だと思いました

 

3列シートの真ん中にじっと座り続けるというのは、

ちょっとした修行だと思います。

 

劇場のような、多くの人が両端を埋められるという環境なら、

話は違ったと思います。

新幹線の座席は2列と3列なので、両端を埋められて

しまうのは少数派です。

多分、この少数派だという点が、「なぜおれが(私が)!」という

不条理感を生みだし、つらさに拍車をかけているのだと思います。

 

JRの人に「真ん中割引」を提案したいと思います。

ですが、利益率が悪くなるので、却下されそうです。

 

せめて、おしぼり、お茶ぐらい付けてみてはどうでしょうか。

両端の人たちも笑って、この差別を許してくれるはずです。

 

今日も3列シートの真ん中で旅行される

老若男女のみなさま、お疲れ様です。