読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

津田大介のジャム・ザ・ワールド 10月10日放送の感想

J-WAVE / JAM THE WORLD 2016

この番組には5人のナビゲーターがいますが、

いちばんリラックスしている感じがするのが

津田さんです。

今回もそんな感じでした。

 

「ブレイクスルー」のコーナーでは、

弁護士による「第三者委員会」がテーマになりました。

企業や政治家が怪しいことをした時に話題になるおなじみの組織です。

ゲストの弁護士さんは、第三者委員会報告書の

格付け委員会を立ち上げて、報告書の質の向上に

努めておられるとのことでした。

ちなみに、舛添前都知事の「第三者委員会報告書」は、

書いたのが「第三者でないので」格付けしなかったのことでした。

ウケました。

 

カッティング・エッジ」のコーナーでは、

アメリカ大統領選挙の第2回の公開討論会について取り上げていました。

実質、週末に明らかになったトランプ氏の女性蔑視発言について

多くの時間が割かれました。まあ、無理もないでしょう。

何となくトランプが勝つのは難しいだろうという雰囲気で

終わりました。

心なしか、津田さんの声が明るかったように感じました。

そう言う私もクリントンさんに勝ってほしいのですけど…。

 

ジャム・ザ・ワールド ↓

J-WAVE / JAM THE WORLD - Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~