読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

洋楽は、歌詞がわからなくても楽しめる

音楽

洋楽大好きです。

 

ボブ・ディランノーベル文学賞を受賞しましたね。

 

ボブ・ディランのCDは2枚しか持ってませんが、

洋楽好きとしては、たまげました。

カウンター・カルチャーだったロックも偉くなったものですね。

 

洋楽全般に話を戻します。

私は洋楽をほぼ毎日聞いています。

しかし、ほとんど歌詞を聞いていません。

歌われている英語を聞いて理解することができません。

 

f:id:VirtualInsanity:20161014082823j:plain

 ↑ ”Start Me Up” のMVより ミック・ジャガー

 

過去に、自分が洋楽が好きだと語ったところ、

それを聞いた人に歌詞がわかるのかと問われました。

わかりませんと答えたところ、笑われました

この時、とてつもない違和感を覚えました。

「歌詞がわからないと、音楽を楽しんではいけないのか???」と

いうことです。

正直、少し不愉快になりました。

 

ちなみに、私は英検準1級に受かったことがあります。

ただ、リスニングはすれすれの点数で合格しました。

という具合に、リスニングが比較的苦手なので、

洋楽で歌われている英語はまったくと言っていいほど、わかりません。

英検準1級に受かっても、洋楽の歌詞を、

聞いて理解することは、どうも難しいようです。

「理解したい!」という人は1級を目指すのがよいかもしれません。

 

私は、邦楽も聞きます。

歌詞に惚れ込む曲もあれば、歌詞をほとんど聞いていない曲も

あります。

どちらかと言えば後者です。

『前前前世』はいい曲だと思いますが、

歌詞を聞いていませんし、覚えていません。

曲の展開に面白みがあって、サウンドがいいと思います。

 

というわけで、音楽の好き嫌いに、歌詞がわかるかどうかは、

あんまり関係ない場合もあるということが言えると思います。

 

私は、ローリング・ストーンズガンズ・アンド・ローゼズ

好きです。

彼らの作品の歌詞の意味がよくわかったら、とても下品で、

おそらく、聞けなくなる思います。

でも多分、そういう日は来ないと思っています。

 

今日も洋楽を楽しく聞いています。