NHK FM / リサイタル・ノヴァ

『リサイタル・ノヴァ』というNHK FMの番組がお気に入りです。

 

若いクラシックの音楽家を毎週一人、紹介してくれます。

司会役は「ちょっとピアノをたしなむ」本田聖嗣(ほんだせいじ)さんです。

「ちょっとピアノをたしなむ」と番組の中で自己紹介される本田さんですが、

ウィキペディアによると、東京藝術大学を卒業されているので、

とても謙遜されていることがよくわかります。

 

この謙遜の精神に見られるように、とても上品な番組に仕上がっています。

上品なところが、この番組の根源的な魅力だと思います。

ちなみに番組内では「司会」のことを(演奏会場の)「支配人」と

呼ぶのがお約束になっています。

 

番組は、若手音楽家(ゲスト)の演奏→支配人とゲストのトーク

→ゲストの演奏→ゲストの"My favorite piece"の紹介とその曲の演奏 という

鋼のような枠組みで進行します。

演奏とトークの絶妙なバランスをもたらす、この「鋼のような枠組み」が、

見事に決まっています。

 

演奏はもちろんですが、支配人とその日のゲストのトークが、

何といっても、聞きどころです。

本当に短い時間なのですが、繊細でエネルギーあふれる若手演奏家の心の奥に、

すっと上品に入り込む支配人の手腕が遺憾なく発揮されているのが見事です。

ゲストの人となりが明らかになり、聞いていて非常に興味深いです。

毎回、支配人の聞き上手ぶりに感服しています。

 

ゲストはクラシックの音楽家というだけあって、大変育ちのよい方が多いというか、

ほとんどそうです。

それでもゲストを単なるお嬢さま、おぼっちゃまとしてではなく、

それプラス、愛嬌のある存在と輝かせる力量が支配人にはあります。

聞いていて、とても面白いです。

 

ちなみに、クラシックの若手音楽家は「肉好き率」がかなり高いということが

この番組を聞き続けて、とてもよくわかりました。

若手に限らず、クラシックの音楽家のみなさんは、魚よりも肉なんですかね??

 

次回の放送も、とても楽しみです。

《放送時間は毎週日曜午後8時20分から40分。再放送は午前金曜9時20分です》

 

リサイタル・ノヴァ ↓

www4.nhk.or.jp