読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

<横浜市のいじめ>安田菜津紀のジャム・ザ・ワールド 11月16日放送の感想

J-WAVE / JAM THE WORLD 2016

先週の放送では、トランプ氏の「まさか」の当選を受けて「気持ちを奮い立たせて」番組を進行されていた安田さんですが、さすがにショックから立ち直られたようでした。

 

Today's Headline

 

トップニュースで、トランプ次期政権の人事について取り上げられました。安田さんは、トランプ氏が当選して何が心配だったかということについて、そのひとつがヘイト・クライムの増加だということをおっしゃっていました。実際、増加しているようです。ここで、はてなブックマークでも話題になっているスティーブ・バノン氏を要職に起用する人事について懸念されていました。このバノン氏、白人至上主義者とのことです。このような人物が要職に就くと、ヘイト・クライムに政府がお墨付きを与えるようなものですね。

心配です。

こういった「ものの考え方」、とくにアメリか発のものは、往々にして輸入されてしまうので、少し怖いと感じています。

2本目のニュースは、東日本大震災のために福島県から横浜市に引っ越してきた生徒が、いじめに遭っていたのを学校側が把握しながら放置しておいたという話です。NHKのニュースでかなり詳しく報じていました。

たいへんひどい話だと思います。

どんないじめも悪です。とりわけ今回のいじめは、被災者の弱みにつけこむところがありました。極めて低劣でまったく容認できません。学校側のとった、無関心な対応が非常に嘆かわしいです。

 

ブレイクスルー

 

さて、この番組の目玉であるこのコーナーでは、《広報・PRなど、コミュニケーション戦略の視点から平和構築を考えるカリキュラム「ピース・コミュニケーション」》が取り上げられました。

 

正直、抽象的というか、切り口が斬新で、あまり内容を理解できませんでした。

 

こんな回も、たまにはありですかね??

 

レディー・ガガのツイートです↓