読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

容疑者のことを、どのように報じるか

生活

2016年7月に神奈川県相模原市の障害者施設が襲撃された事件の容疑者について、精神鑑定の結果が報じられました。

容疑者には、障害が認められ、かつ、責任能力ありという結果が出たということです。検察により、間もなく起訴される模様です。

 

さて、とある障害の名称が挙がりました。これについて、みなさん、いろいろなことをお感じになられたと思います。

私もいろいろなことを思ったのですが、同じ障害を抱えた当事者、家族、関係者は、どんな気持ちを抱いたであろうか、大変気になります。悪い影響を及ぼすのではないかと思います。また、精神障害全般への偏見の助長も懸念されます。

しかし、一方で、こうした傷病の名称が明らかになることで、新たな悲劇を、もしかしたら防ぐことができるかもしれません。具体的には、患者かもしれないという人が、医療につながる契機となったり、当該の障害に脚光が当たり、まっとうな理解が深まるかもしれないということです。

 

こうした事件以外にも、容疑者のことを、どのように報じるかについては、もう少し、慎重な議論があったほうがよいと思います。

精神障害の種類に限らず、例えば、容疑者の職業や「無職」であること、あるいは国籍を報じることに、社会にとって、どんなメリット・デメリットがあるかという点について、深い議論が望まれると感じています。