読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。多分、中道左派です。

「働いてお金を稼いでいる人」への敬意は、忘れてはならないと思うこと

私は、お金を稼ぐことができない人について、存在価値を否定しません。全面的に肯定しています。

なぜなら、お金を稼ぐことができるというのは、様々な条件が揃って初めて可能になることだからです。そして、その条件が揃うのには、人智を超える力が働き、はじめて可能になることだと信じているからです。確信しています。

もし、この記事を読んでいる方で、お金を稼ぐことができないと苦しんでおられる方がいれば、私は、その読者に対して、苦しむ必要はないと声を掛けたいと思います。

お金を稼ぐことができるとというのは、「普通」のことではないと思うからです。健康に恵まれたり、学力や体力に恵まれたり、はたまた時代の趨勢など、様々な幸運や、人との縁の力によってはじめて実現することだからです。

 

ただ、だからといって、お金を稼いでいる人、すなわち、お金を稼ぐことができるという幸運に預かり、お金を稼ぎ、所得税なり法人税なり住民税を支払ってくださっている方々への敬意というのは、決して忘れてはならないと思います

お金を稼ぐのは大変です。生半可なことではありません。一生懸命である必要があります。そうした人たちは、尊敬されてしかるべきです。

 

生まれながらにして、お金を稼ぐことができないという方々、人生の途中から病気や怪我によって、お金を稼ぐことができなくなってしまう方々がいらっしゃいます。私は、そういった人に言いたいです。「お金を稼げないことに引け目を感じることはありません。堂々と、苦境と格闘してください。苦境と格闘する姿を目にする周りの少なからぬ人たちが、エネルギーを受け取ったり、感動しています。間違いありません」

 

そして、一方、お金を稼ぐことに必死になっている人にも言いたいです。「本当にお疲れ様です。社会が滞りなく動いているのは、みなさんのおかげです。無様な姿をさらす時もあるでしょう。得意の絶頂にある時もあるでしょう。そうした姿を見て、周りの人たちは、確実にエネルギーを受け取ったり、感動しています。間違いありません」。

 

働くことができず、お金を稼ぐことができない人は、自己否定に走ったり、卑しくなってしったり、ともすれば、お金を稼ぐことができる人に嫉妬を覚えたりします。私はそうした人たちを日常的に見ています。人間ですから、そうしたネガティブな心境に陥ってしまうことはあるでしょう。そんな苦しみを味わうのも人間の自然なあり方のひとつです。ただ、そうしたヤケクソな時があるにしても、お金を稼げない人は、もう一つの人間のあり方である、「働いてお金を稼いでいる人」への敬意は、忘れてはならないことだと思います