Virtual Insanity ~バーチャル・インサニティー~

生活、時事問題、趣味のことなど幅広く、日々思うことを綴っていきたいと思います。

幸せに<なれる>のか? 前野隆司さんの幸福学

2017年4月19日に放送されたFM番組『ジャム・ザ・ワールド』の特集が、出色の出来でした。

特集のタイトルは「誰でも幸せになれる「幸福学」とは?」

どう思いますか、このタイトル。

私は、見た瞬間、怪しいと感じました。

この番組の特集コーナーは30分弱なのですが、この日は最初の数分聞いて、怪しかったら聞くのをやめようと決めました。

 

怪しい特集が始まりました。ゲストは慶應義塾大学大学院で教授を務めておられる前野隆司(まえのたかし)さん、ちなみにこの日の『ジャム・ザ・ワールド』の進行役は安田菜津紀さんでした。

 

30分後、私は、まだスピーカーの前にいました。そして、なるほどな~と思いました。

前野さんの訴えるところが、結構、私の考える「幸福とは何か」という考えと一致していたためかもしれません。あと、前野さんの投げかける、幸福になるための4つのキーワードが、地に足のついた、なかなかよいものだと感じたからです。

ぜひ、みなさんにこの4つのキーワードを紹介したいと思います。

 1.やってみよう!

 2.ありがとう!

 3.なんとかなる!

 4.あなたらしく!

この4つのキーワードに従って、日々を送っていくと、幸福になるという主旨の特集でした。今、こうして、この4つのキーワードを並べると「これなら確かに幸福になれそうだ」と素朴に思います。

 

この記事のタイトル「幸せに<なれる>のか?」という問いについてですが、「ある程度、幸福度を上げるための、公式は確かにある」というのが、この特集を聞いての、私の考えです。

 

早速、図書館で前野さんの幸福学についての著作を借りて、読みました。タイトルは『幸せのメカニズム』です。2013年に発売された講談社現代新書です。

読んでみたのですが、正直言って、ラジオで聞いた30分の特集よりも説得力に欠けました。著者の主張への反論の反論のようなものが随所に出てきて、読みづらく感じました。あるいは、ラジオで聞いた、前野さんの語り口に説得力を強く感じたのかもしれません。ここでは、以下、ラジオで聞いた特集と『幸せのメカニズム』の要所を自己流に箇条書きしたいと思います。

 ・人間は「地位財」と「非地位財」によって幸福を得る。

 ・「地位財」とは金銭、物、名誉などのことで、「非地位財」とは、自己実

  現と成長、つながりと感謝、前向きと楽観、独立とマイペースといったも

  のである。

 ・「地位財」による幸福よりも、「非地位財」による幸福が長続きする。

 ・自分の得意なことをすることが大切である。

 ・友人の数ではなく、友人が多様であることの方が、幸福度を上げる。

 ・年齢を重ねるほど楽観的になれる。

   ラジオでは「人生U字カーブ」なるものが紹介されていました。

   統計によると、40代で幸福度は底を打つそうです。

 ・人目を気にしないことが大切だ。

 

先に登場した4つのキーワードは、上記のものと以下のように対応します。

 

 1.やってみよう!=自己実現と成長

 2.ありがとう!=つながりと感謝

 3.なんとかなる!=前向きと楽観

 4.あなたらしく!=独立とマイペース

 

著書『幸せのメカニズム』でも上記の4点に触れられていましたが、ラジオよりはダイレクトに響きませんでした。前野さんには、ぜひ、もっとラジオやテレビに登場していただきたいと感じました。

 

なお、『幸せのメカニズム』では、音楽や工芸作品など、創作物を鑑賞することよりも、創ることの方が、幸福度の上昇に寄与すると述べられていました。ですから文章を読むよりも書く方が、幸福度は高いのです。前野さんの指摘する通り、幸福度が上がるので、こういった記事を私は書いているのでしょう。

読むだけでも楽しいのですが、書くのは、もっと楽しいといったところですね。